LIFEGAGE

生活・仕事に関わる様々なことを発信しているブログです♬

子育ての悩み。小学生の子どもの叱り方の正解は?

「こんなことしたらダメでしょう!」

 

「何をやっているの!」

 

「いい加減にしなさい!」

 

子供のやることに、つい大きな声を出してしまったという経験はありませんか?

 

なれない子育ての合間に家事や仕事などをこなし、余裕がなくなっている方もいるかもしれません。

 

もし怒鳴ってしまった時は必ず「怒り過ぎてごめんね。」と謝りましょう。

 

大きな声を出したからといって、子供が言うことを聞いてくれるワケではありません。

 

子どもといっても一人の人間です。大きな声で怒鳴る事で子どもが傷ついている事があります。

 

親ですから、時には危険から守るために子供を叱る場面がどうしてもでてきます。

 

そんな時、どうやって叱ったら良いのでしょうか。

 

大事な事は、子どもの立場に立ってなぜそうしたのかを聞いてあげる事。

 

なぜしてはいけないのかの理由を丁寧に説明する事、また感情的にならない事。

 

これをするだけで子どもの成長に大きく関わります。

 

それでは説明していきます。

 

 

 

子どもへの叱り方で大事なこと

 

初心者マークをもつ女性

子どもの叱り方で大事な事

 

親が「なぜ」叱るのかを伝える事が大切です。

 

言葉で、感情に流されず、伝わっているか確かめながら伝えましょう。

 

たたくこと、物を投げることでは絶対に伝わりません。

 

子供がおびえてしまうだけですので絶対にしない事をおすすめします。

 

子どもではなく「行為」を注意する事が大事です。

 

まず「なぜ」そうなったのか、子供の話を聞きましょう。

 

「言ったこと」や「したこと」といった「事柄」に対して叱りましょう。

 

子供の「人格」や「持って生まれたもの」に対して、決して否定はしないことです。

 

間違っても「何でわからいの?」「馬鹿じゃないの?」などは言ってはいけません。

 

親は子供の味方であることが大前提です。

 

 

「なぜ」を知ると子どもが判断ができる。

 

首をかしげる女性

なぜを教える。

 

「なぜ」その事が起こったのかがわかったら、叱るポイントがはっきりします。

 

ヘタに叱らないですむかもしれません。

 

誰だって叱られるのは嫌なことです。

 

子供には子供の事情があるのかもしれません。

 

まずは子供の話を聞きましょう。

 

親が決めつけてしまわないように気をつけましょう。

 

親は子供の味方です。

 

まず「味方として共感できること」を子供の言葉から見つけましょう。

 

 

共感できることから話をしましょう。

 

子供の言い分を聞くと、子供の思いがわかります。

 

子供がどうしたくて、どうなってほしくて、何を伝えたくて、そうしたのかわかります。

 

まずはそうだったんだね、そうしたかったんだね、と共感できるところを話しましょう。

 

それから、するべきでなかったこと、それをしたことで起こったこと、を伝えましょう。

 

突然叱っても、何がいけないのか伝わらないかもしれません。

 

親として「してほしくないこと」を親の思いとして話しましょう。

 

叱られたくないから余計に叱られることをすることもあります。

 

 

叱ることで親は何を伝えたいかをはっきりさせましょう。

ダメな理由を伝える

ダメな理由を伝える。

 

叱るということは、子供がしてはいけないことをした時、に起こることです。

 

それはどんなことですか?

 

危険なことや、人や物を傷つけたりすることはいけないことです。

 

何をしてはいけないのか、それが「なぜ」いけないのかを伝えましょう。

 

叱っているうちに、話がずれないようにしましょう

 

そういえば前にも・・・と話を広げないようにしましょう。

 

結局何が言いたいのかわからなくならないように、ブレないことです。

 

『冷静』な叱り方をする。

 

それと叱るということは、イコール怒鳴るということではないということです。

 

冷静になぜダメだったのかを子どもに伝える事が大事です。

 

感情的になってはいけません。

 

もし感情的になりそうな時は、一度深呼吸をするクセをつけましょう。

 

子どもから目を離す事は危険なので、出来るだけ目の届く所で深呼吸してみて下さい。

 

そのまま起こるよりも少し冷静になれるはずです。

 

家庭でのルールを決めましょう。

 

ひらめきの写真

家庭のルールを決める

 

なんでもかんでも口を出されて叱られてばかりいたら、子供は嫌になってしまいます。

 

いつも叱ってばかりだと、親だって嫌な気持ちですし、とても疲れます。

 

これは守る、というルールを決めましょう。

 

我が家は共働きですので、子供が学校から帰ってくる時間には誰も家にいません。

 

ですので、出かける時は「場所・一緒のお友達の名前・帰る時間」を必ず連絡するか、メモに残すこととしています。

 

もうひとつ、返事をしたことや、やると言ったことは必ずすること、としています。

 

ルールを決めたら守ること。破ったら叱ります。

 

社会に出てからも、信用し信用されることは大切なことです。

 

 

子どもだけでなく、親自身もルールを守りましょう。

 

考える男性

親自身もルールを守る

 

子供は親の背中をちゃんと見ています。

 

いちいち叱らなくても、親の言動や態度から学んでいることがほとんどです。

 

子供の口の利き方や態度を見ると、親のこともわかります。

 

親には子供を社会に出せるようにする責任があります。

 

型にはめるということではありません。

 

最低限人に迷惑はかけない、自分がされて嫌なことはしない、などは親が伝えることです。

 

親は好き勝手やるけれど、子供だけはルールを守れというのでは、社会は崩壊します。

 

子育ての悩み。子どもの叱り方まとめ

怒る女性

子育ての悩み。子どもの叱り方

 

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。

 

叱ることが起きてしまった時は、事柄に目を向けましょう。

 

「そんなことするなんてダメな子ね。」など人格を否定することはNGです。

 

子供が自身を無くしてしまうだけでなく、子どもの自己肯定感を下げてしまう可能性があります。

 

それは子供の未知の可能性を潰す結果になるのです。

 

感情的になり、その場の勢いで、厳しい言葉を浴びせないようにしましょう。

 

「次やったらお菓子買ってあげないからね。」「次怒られたらゲーム禁止!」など、

好きなものを取り上げるような意地悪も、子供にうつるのでやめましょう。

 

叱れるうちは叱りましょう。

 

そのうち自立して親の目の届かないところに行ってしまいます。

 

いろいろ書いてはいますが、ルールを破られた時に大きな声をだしたこと…あります。

 

帰ってくる時間を知らずに子供がいなかった時には、捜索をしたことも何度かあります。

 

学校の先生にもご迷惑をおかけしてしまいました。

 

その時は「どこで何やっていたの!何かあったら助けることができない!」と伝えました。

 

感情的に、それはそれは大きな声で・・・・・。

 

ですので自分も予定がある時は、何があって遅くなるのかは伝えています。

 

子供だって親がいなかったら不安ですよね。

 

捜索されたらたまりませんし・・・。

 

また、親が言うことは子供にとても影響を与えるのだな、と子供たちを見ていて思います。

 

親がウワサ話が大好きだと、お子さんも人の話ばかりしていたり・・・。

 

できることなら子供には、自分の今できることに目を向けてほしいですね。

 

親として子供にどうあってほしいか、ブレない芯を持っていたいものです。

 

ブレてしまって説教が長くなったこともありました。

 

その時の子供の目といったら、残念ながら「遠い目」をしています(笑)。

 

それでなくても叱られたくないのに、ほじくり返されるという・・・サイアクですよね。

 

そして結局、親が何を言いたいのかわからなくなるようです。

 

失敗は失敗で、次は同じことをしないように学習です。

 

ポイントを決めて、メリハリのある叱り方をしましょうね。

 

叱って子供が理解したら、次の日には笑顔ですよ!