LIFEGAGE

生活・仕事に関わる様々なことを発信しているブログです♬

すぐ錆びるステンレス鍋のお手入れを徹底解説!!大事なのは・・・

「ステンレス鍋をこの間買ったんだけど、どうやってお手入れしたらいいの?」

 

 

本記事ではこのようなお悩みを解決します。

 

 

ステンレス鍋は汚れがつきにくく、錆びにくくて丈夫なお鍋です。

 

 

ピカピカした綺麗な銀色が特徴のお鍋です。

 

 

だけど、使っていくうちに汚れたり、焦げ付いたりすることがあります。

 

 

なので、長く使うためのおすすめのお手入れ方法をはじめとするステンレス鍋のお手入れについて徹底解説していきます。

 

 

 

 

ステンレス鍋のおすすめお手入れ方法は?

 

汚れた鍋の写真

nabeyogore

 

ステンレスはサビにくい金属ですが、サビてしまうときはサビます。

 

 

サビの原因として、もらいサビ、塩分や油分の長時間放置によるサビが挙げられます。

 

 

なので、汚れ、サビを防ぐためには、「使ったらすぐに洗い、布巾で拭いて、乾かすこと!」これにつきます。

 

 

具体的に汚れ、サビを防ぐために下記の点に注意しましょう。

 

  • 食べ物を入れた鍋を長時間放置しないこと
  • 油汚れをしっかり落とすこと
  • 洗浄後は水分を布巾で拭き取ること

 

食べ物を入れた鍋を長時間置いておかないようにしましょう。

 

 

カレーや肉じゃが、たくさん残ってしまうと容器に移すのも面倒に・・・。

 

 

だから、つい、鍋ごと冷蔵庫に入れて保管してしまう・・・。

 

 

だけど、なるべく容器に移すようにしてください。

 

 

というのも緑青という金属が酸化した緑色のサビが出てしまうからです。

 

 

また、油汚れをきちんと落としましょう。

 

 

油汚れがあると、ステンレスが持つ酸化皮膜の形成の邪魔になってしまいます。

 

 

そこが、サビの原因になります。

 

 

最後になりますが、洗浄後は水分を拭き取ってください。

 

 

水分が残っていると油汚れ同様、サビの原因になります。

 

 

なので、水分を拭き取ってください。

 

 

ステンレス鍋が虹色に変色した時のお手入れ

 

変色したステンレス鍋

sutennresu

 

ステンレス鍋を使っていると、鍋底が虹色に変色してしまう時があります。

 

 

これはステンレスが変化したわけではなく、水分に含まれている成分がステンレスの膜と反応することが原因で虹色に変色します。

 

 

基本的には、鍋に水を入れ、クエン酸などを入れて10分ほど煮込んで、1時間ほど放置し、最後に食器用洗剤で柔らかいスポンジを使って洗っていきます。

 

 

ここでクエン酸重曹お酢、中性洗剤で落とす場合のお手入れについて紹介します。

 

 

クエン酸重曹お酢・中性洗剤でのお手入れ

 

ステンレス鍋のお手入れによく使われるクエン酸重曹等のお手入れを簡単に紹介 

 

  • クエン酸・・・鍋の内側の虹色に使用。上記の通り水と一緒に煮込んで、少し置いて食器用洗剤で洗う。
  • 重曹・・・鍋の外側の汚れに使用。水と重曹を混ぜ合わせ、ペースト状にして、鍋の外側に塗り、丸めたアルミホイルで優しくこする。
  • お酢・・・酢を鍋に入れてこすり、その後食器洗剤で洗う。
  • 中性洗剤・・・普段の汚れを落とすのにおすすめ。

 

頑固な焦げ付き汚れを簡単に落とす方法

 

掃除する写真

souzi

 

鍋の頑固な焦げ付き汚れを簡単に落とす方法は下記の通りです。

 

準備物

  • 重曹
  • アルミホイル

 

手順

  1. 水に重曹を入れて10ほど温める。
  2. 水を捨てる。
  3. アルミホイルを丸めて、重曹をつけて、鍋の焦げ付きを優しくこする。

 

長持ちさせる上手なお手入れ

 

長持ちさせるためには、下記のお手入れがオススメです。

 

 

  • 天日干し
  • 小麦粉

 

天日干し

 3日〜1週間ほど、鍋のこげ付きに日光が当たるように天日干しを行う。
 コゲが乾いたら、木べらなどで取る。

 

コゲを乾燥させることにより、汚れが落ちやすくなり鍋を傷つけずに落とすことができます。

 

小麦粉

  • 小麦粉を固めに水にとき、汚れ部分に塗り、天日干しを行う。
  • 乾いたら、乾いた木べら、柔らかいスポンジなどでとる。
  • 余分についている小麦粉を洗い流す。

 

小麦粉のペーストを塗ることで、乾いた小麦粉とコゲが一緒に落ちます。

 

 

天日干し、小麦粉を用いたお手入れはいずれも鍋を傷付かせずに汚れを落とすことができます。

 

 

また、ステンレス鍋を長持ちさせたいのであれば、強火の使用、空焚きは、なるべくしないようにしましょう。

 

 

虹色に変色する原因になります。

 

 

おすすめのお手入れ用品

 

重曹の写真

zyuusou

 

おすすめのお手入れ用品は重曹です。

 

 

重曹があると汚れ落としにはバッチリ効きます。

 

 

焦がしてしまった時に軽く洗ってから、鍋に水を入れ、重曹をそこに入れて軽く10分ほど煮込むだけで、簡単に汚れが落ちてしまいます。

 

 

また、重曹は百均で手に入れることができます。お手軽に汚れ落としができます。

なので、とってもおすすめです。

 

 

ステンレス鍋のお手入れまとめ

 

スプレーボトルの写真

supure-

 

ステンレス鍋は扱いが基本的には簡単ですが、慣れていないうちは焦がして、汚れがついてしまうこともあります。

 

 

なので、汚れがついたら早いうちに洗い、それでも落ちなければ重曹で落としてみてください。