LIFEGAGE

生活・仕事に関わる様々なことを発信しているブログです♬

のんびり楽しく子育てした育休ももう終わり… 仕事復帰したらどうしたらいい!?

のんびり楽しく子育てした育休ももう終わり…

仕事復帰したらどうしたらいい!?

 

 

結婚をして、妊娠して、

大変なこともあったけど

楽しかった産休育休を経て仕事復帰…。

 

今でも いっぱい いっぱい な時があるけど

大丈夫かな!?

 

仕事をする女性

bizinesuwoman


 

 

夕飯の準備や

掃除洗濯はいつすればいい!?

 

保育園の送迎はパパとママどっちがする!?

 

 

先が見えなくて不安なことだらけですよね。

 

 

でも大丈夫です!

 

私も含め、みんなが

手抜きして手抜きして

なんとかかんとか

家族みんな楽しく過ごしていますよ。

 

 

保育士として働きながら

小学2年生、5歳、2歳の子どもを育てている私の経験から

得たことをお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 子育てしながらの仕事両立ってどんな悩みがある??

 

 

まず仕事始めるにあたって

どうしようかな?と悩むのは

家事ではないでしょうか。

 

首をかしげる女性

nayami

 

掃除洗濯、料理作り

はたまたゴミ捨てまで…

 

細かなところまで考えていくと

本当にキリがないですよね。

 

 

でもとにかく

押さえるポイントはこの3つだと思います!

 

 

 

  • 夫との分担
  • 諦めて手抜きする!
  • 食事は楽しく食べられればOK!

 

 

まずは《夫との分担》

 

これ!一番大切です!!

 

 

これがうまくお互いに折り合いをつけられないと

しょっちゅう喧嘩する羽目になります!

 

 

私が復帰する時は

まず1日のスケジュールを紙に書き出し、

そこからひとつひとつ分担を決めていきました。

 

 

我が家の場合主人が自営業で

私自身は勤務地が遠く出勤時間が早かったので

 

朝の子どもたちの準備は夫がやることになりました。

(朝ご飯や着替え、保育園への送りなど)

 

 

 

いよいよ復帰となり、

子どもたちや主人が朝ご飯を食べている間に

私1人先に出勤していくようになりました。

 

 

始めはそれでうまくいっていたのです。

お互いに緊張感もありますしね。

 

 

…が、段々と主人が朝起きてくれなくなってきました。

そして結果、いつの間にか私が子どもたちのことも

全てやるようになってしまったのです。

 

 

朝起きて、まず昨日の夜に干した洗濯物をとりこみ、

朝ごはんを作り自分の身支度をして

先にバタバタ1人出勤。

 

 

当たり前のように不満が溜まり、

イライラトゲトゲして

次第に主人のことが嫌いになり話すのも嫌になってきました。

 

 

でもそんな時に

このままではいけない!と気づき

主人と話し合うことにしました。

 

 

共働きでお互いに仕事を抱えているのに

私ばかりが負担を強いられていること

それがとてもつらいこと

一緒に分担してほしいこと

 

 

…などなど。

 

 

幸いにも主人は私のつらさを理解してくれ

再び育児と家事を分担してくれるようになりました。

 

 

私自身も溜め込むのではなく

その都度して欲しいことを伝えるようにしました。

 

 

今はその結果

もちろん時々イライラしてしまうこともありますが

なんとかお互いに支え合いながら過ごせています。

 

なので仕事復帰の前に

しっかりと役割分担を決めて

もしその後に不満や改善する必要を感じたならば

我慢せずに伝え合うようにしましょう。

 

これは夫婦仲にももろに影響しますので

本当に大切なことです

 

 

 

次に《諦めて手抜きする》ことです。

 

 

考えてもみてください。

 

今までは家事と子育てをしていれば良かったのに

10時間近くが仕事と通勤でなくなってしまうのです。

 

普通に考えて以前と同じように

家事をするなんて無理です!!

 

 

あれをしなきゃ、

これをしなきゃ、

を諦めましょう!

 

 

そしてなるべく

自分が手をかけなくも生活が回るように工夫していきます。

 

 

私の場合ですが

  • ルンバを購入した。

→掃除機かけることを手抜き

週末だけしっかり掃除機をかけてます。

  • 服はハンガー掛けに変更

→服を畳むことを手抜き

  • トイレはトイレスタンプをつけてマットはなし

→掃除の手抜き、洗濯物の減量

 

 

などなど…

 

トイレ掃除は週に1回、

風呂掃除は主人担当なのでいつしているか分かりませんが多分あまりやってません。

 

 

窓も手垢だらけだけど

またすぐ子どもたちが汚すから諦めて気にしない!

 

 

1日の大半を仕事してくるんです。

疲れて帰ってきて、

さらに子どもたちのお世話に家事に

本当に大変です!

 

 

何もかも完璧にやるなんて無理です。

 

始めは汚れたところを見つけて

「掃除しないと汚なくて耐えられない…」

なんて思うこともあるかもしれませんが、

 

大丈夫!!

 

1週間で慣れますから。笑

 

 

最後に《食事は楽しく食べられればOK!》です。

 

 

これは私が実際に子どもを預けていた

保育園の先生に言われた言葉です。

 

 

仕事をして、保育園から帰ってきて

子どもたちと過ごせるのは本当にわずかな時間です。

 

 

その貴重な時間で

子どもたちは美味しいご飯を

作ってもらうこと望んでいるでしょうか?

栄養満点野菜たっぷりの凝った料理を

作ってもらうことを喜ぶでしょうか?

 

 

それよりも

お父さんやお母さんと顔を見合わせながら

今日の出来事を話すことを望んでいると思います。

 

お膝に座りながら絵本を読んでもらうことを

喜ぶと思います。

 

 

よく「家であまりご飯を食べなくて…」

というお母さんの悩みをよく聞きますが

子どもって不思議なことに保育園だとよく食べます!

しかもプロの栄養士が考えた

栄養たっぷりの手作りの給食です。

 

 

なので、ぜひ!

おうちでは楽しく食べることだけを考えて過ごしてくださいね。

栄養は保育園でばっちりとってます!

 

手抜きでたまにはコンビニおにぎりでも

パンだけでも大丈夫ですよ。

(我が家の子たちは逆にこれの方が喜びますが。笑)

 

長い時間保育園で過ごしてきた子どもとの貴重な時間。

食事の時間はとにかく楽しく過ごして下さい。

 

 

子育てをしながらのお仕事はぜひとも時短をとりましょう!!

 

階段を下りる女性

kosodatesigoto



 

仕事に復帰するにあたり

絶対使ったほうがいい制度、それは時短です!

 

 

私は復帰当初は朝夕45分ずつ

子どもが少し大きくなってからは夕方30分

時短をとっていました。

 

 

本当は45分継続してとりたかったのですが、

制度的に難しく30分のみの時短に変更しました。

 

 

この30分も周囲であまりとる人がおらず、

同じチームを組んでいた先輩に

「そんな制度を使うのか」

というようなことを言われてしまいました。

 

 

でも、周りの人が

私に代わって家事や育児を

してくれるわけじゃありません。

 

結局上司に相談して30分の時短をとることにしました。

 

 

結果は大正解!

30分早く帰れるということは

30分子どもとの時間が増えるということ。

寝る時間も増えるということ。

 

 

たかが30分。されど30分。

心の余裕も少し生まれてきます。

 

 

その分減給はされてしまいますが、

お金よりもワーキングマザーにとって

大切なのは時間です。

 

 

子育てをしながら働く人は

可能な限り時短をとることを強くすすめます!

 

まとめ

 

子育てをしながら仕事をしていくというのは

本当に大変です。

 

だって子育てだけでも仕事だけでも

大変なのにその両方です!

 

 

なので

 

  • 夫との分担
  • 諦めて手抜きする!
  • 食事は楽しく食べられればOK!
  • 時短をとる

 

 

この4つを少しでも意識すると

心にも体にも少し余裕が出てくるかなと思います。

 

 

大変なこともたくさんあるけど、

 

それを乗り越えて仕事で何かを達成できた時

疲れて帰ってきて

子どもが満面の笑みで迎えてくれた時

 

その大変さが吹っ飛ぶような

素敵なこともたくさんあります!!

 

 

 

ぜひあなたらしい働き方、過ごし方を

見つけて

一度きりの貴重な人生を楽しんで下さいね。